新潟市で愛車のプリウス70万円で買い取りしてもらえた

最近アウトドアにハマっていてバンを購入することになり、愛車のプリウスを売る決意をしました。プリウスはエコカーの代名詞的存在で、人気のある車です。高額で売れるのではないかと期待しました。カラーはホワイト、年式は2005年で10年経過していましたが、状態がきれいだったので、見た目には自信がありました。1週間に2回しか乗らなかったので、走行距離もそんなにいっていません。

インターネットで新潟市にある車買い取り店をチェックして、ネット一括査定をしてもらいました。結果は1番低くて30万円、高額で60万円と出ます。ショップによって倍の差があることにビックリしました。こんなにまで差が出るのは、ショップによって車の価値が違うからだそうです。A店ではバンを高く買い取る、B店ではセダンを高く買い取る、C店はワゴンを高く買い取るというように、それぞれ求めている車が違います。私は60万円の査定額をつけてくれたところを選び、ショップまで向かいました。再度査定チェックが始まりました。

私はたまにしか乗らなかったこと、駐車場が屋内だったことをアピールします。査定結果は70万円と出ました。1度めの時より10万円アップしました。その後、手続きをします。インターネットである程度の情報を入力したので、スムーズ進みました。このショップで販売されている車をみたら、プリウスがズラリと並んでいました。その中には私と同じ車もありました。どうやらここは、プリウスを求めているショップだったそうです。高額査定がついたのもうなずけます。

新車の納期は仕様や用品で大きく異る納車までの流れは複雑です。

新車の納期は車種選びから始まって納車までの流れは多種多様、非常に複雑なんです。
先ずは機種選びからスタートします。
店頭に飾っている在庫車と呼ばれているものは車庫証明や届出用の書類さえ完備できれば直ぐにお届けできるというお話でしたので、とにかく速く乗りたいという人は店頭在庫車を探すべきです。
在庫品ですので多少の小さな傷とか気にならなければ値引き交渉も出来て安い買い物にできます。

ただ、ある程度の機種や色など我慢する必要はありますが見返りは大きです。
機種が決まれば次はオプション品をいろいろ選びます。今時のカーナビ、ETCは必需品になります。
ですが注意が必要なものにカーナビがあります。
純正のカーナビなら心配はありませんがオプションのカーナビを選択するとナビの機種によっては欠品が起こります。折角、速く欲しいと思って買った車なのにこういったオプション品の欠品によって大きく新車の納期が異なってくることがあるのです。
自分で純正部品以外のお気入りのカーナビを付けたいという場合には、新車の納品が終わった後にお近くのカーショップ専門店で後から取り付けるという選択が早期に納車をしてもらえる要因にもなります。

しかし、高い買い物になる新車の購入ですから機種や色やこだわりたいもので納得の行く買い物をしたいというのは当たり前のことです。
人気のある機種は色は、メーカーの生産待ちになる可能性が高く1ヶ月以上待つ必要は出てきます。
数ヶ月後という可能性もあります。希望する車を手に入れるには多少の納期遅延は当たり前のことなのかもしれないのです。

中古車が売れる時期について

以前車を乗り換えようと思った時に、中古車の処分について調べた事が有ります。
その際に知ったのですが中古車というのはある程度ですが「売れる時期」という物があり、その時期に売ると高く売れるという物があるそうです。
そもそもいつの時期に中古車が売れるのかというと、3月や12月の「新生活が始まるシーズン」と6月や9月の「ボーナス・決算期」です。
生活が変わるとなると車が必要になる人が多いですし、ボーナスや決算期となれば新車や中古車を含めて需要が高まるのでこういった時期には車が良く売れるという訳です。
なのでこの時期になると中古車の需要が大いに拡大するのですが、ここで企業は二つの考え方をするそうです。

まず本番であるこれらの月に備えて一カ月程度前から買取りを強化するという物です。なので3月に売るとしたら2月の初めころから買取り強化が始まります。
もう一つの考え方が「客は3月に車を買うから、それより前に動き出す」という事で2月の半ばくらいからセールなど売る方面に強化するという物です。
ならばそれより前に買取りを強化して商品を集めておく必要が有るので、一月頃から買取り強化を行うという訳です。

このような傾向は有るとはいえ、業者がどのような方針を取るかというのは難しい所ですし「売れる時期まで車を置いておく」というのは個人にとってはそれなりに負担です。
また景気の動向やイベントなどにも左右されるという事で、「売れる時期」というのはそこまで気にしなくても良いかなと、ここまで調べた私は思い処分したいときに高く買ってくれる店を探して売る事にしました。

ミニバンウィッシュの魅力

軽自動車に飽きて車を買い換えました。大型ワゴン車を購入することも考えましたが、洗車がたいへんそうなので、軽自動車よりちょっと大きめのミニバン「ウィッシュ」を選びました。たくさんの商品があって悩みましたが、年式や走行距離を見て、1番納得できる価格だと思いました。ウィッシュは、ほかのメーカーのバンに比べて、元値からして安いのだそうです。世界を誇るメーカーはやはり乗り心地が違います。数分間試乗しただけでも、この車の素晴らしさが分かりました。

安くて乗り心地が良いなんて、そうありません。ウィッシュはすべてにおいて、パーフェクトです。最近は中古車でもきれいにして販売されています。私が購入したウィッシュもシートが張り替えたようにきれいでした。コックピットがこれまでのものとあまりにも違いすぎて、なかなか慣れませんでしたが、使っているうちにだんだん慣れてきました。最近はコックピット全体のデザインがカッコいいと思える余裕が出てきました。この車は見た目だけだと7人乗りとは思えないくらいコンパクトですが、中は思った以上にゆとりがあります。

天井が高くないのに、それほど狭さを感じないのが不思議です。特に2列目は横幅が広くて開放的だと思います。みんな乗っていて気分が良いと言ってくれます。3列目のシートを倒せば、さらに広々とした空間が生まれます。収納力もこの車のポイントです。家族全員でショッピングに出かけたとき、荷物をたくさん積むことができて、大活躍しました。