新車の納期は仕様や用品で大きく異る納車までの流れは複雑です。

新車の納期は車種選びから始まって納車までの流れは多種多様、非常に複雑なんです。
先ずは機種選びからスタートします。
店頭に飾っている在庫車と呼ばれているものは車庫証明や届出用の書類さえ完備できれば直ぐにお届けできるというお話でしたので、とにかく速く乗りたいという人は店頭在庫車を探すべきです。
在庫品ですので多少の小さな傷とか気にならなければ値引き交渉も出来て安い買い物にできます。

ただ、ある程度の機種や色など我慢する必要はありますが見返りは大きです。
機種が決まれば次はオプション品をいろいろ選びます。今時のカーナビ、ETCは必需品になります。
ですが注意が必要なものにカーナビがあります。
純正のカーナビなら心配はありませんがオプションのカーナビを選択するとナビの機種によっては欠品が起こります。折角、速く欲しいと思って買った車なのにこういったオプション品の欠品によって大きく新車の納期が異なってくることがあるのです。
自分で純正部品以外のお気入りのカーナビを付けたいという場合には、新車の納品が終わった後にお近くのカーショップ専門店で後から取り付けるという選択が早期に納車をしてもらえる要因にもなります。

しかし、高い買い物になる新車の購入ですから機種や色やこだわりたいもので納得の行く買い物をしたいというのは当たり前のことです。
人気のある機種は色は、メーカーの生産待ちになる可能性が高く1ヶ月以上待つ必要は出てきます。
数ヶ月後という可能性もあります。希望する車を手に入れるには多少の納期遅延は当たり前のことなのかもしれないのです。